秋冬見頃の花

スポンサーリンク
秋冬見頃の花

パンジー・ビオラの種まきについて

パンジー・ビオラの種まきについて パンジーやビオラは、苗で購入しても安価なため苗を購入して育てるのが簡単ですが、種まきから育てる楽しみもあります。 購入した種の場合は花色の予想が立つのですが、自家採種した種を蒔いた場合などは親と同じ...
春夏見頃の花

和名でマツムシソウとも呼ばれる、多くは春と秋に特徴的な花を咲かせるスカビオサの育て方

スカビオサには約80種ほどある多年草、または1・2年草になります。 日本ではマツムシソウが自生しています。 スカビオサは、暑さと蒸れに弱い性質があり宿根草タイプのものを夏越しさせる場合には、過湿や蒸れを避け、半日陰の涼しい場所で管理するようにするとよいでしょう。 梅雨前には、株を切り戻してやると夏越しの確率が上がります。
秋冬見頃の花

夏越しさせず、1年草として育てるならビギナーさんでも大丈夫、シクラメンの育て方

シクラメンとガーデンシクラメン、よく似た名前なので同じ植物かと思う方もいるかもしれませんが、この2つ、ちょっと育て方も違うんです。 シクラメンの生育適温は、10~15℃と他の鉢花に比べて低い為、冬場は室内でも暖房の効いていない、1日の気温差のあまりない涼しい場所で管理してやるようにしましょう。
秋冬見頃の花

秋から春まで長く咲き続ける、ヨーロッパでツツジから品種改良されたアザレアの育て方

アザレアは、イギリスで銀行家として有名なロスチャイルド家の「ライオネル・ロスチャイルド」が、200人以上の人と30もの温室を使って品種群を作出したことでも有名です。 ツツジの仲間であるアザレアは、酸性の土を好み、日当たりがよく、風通しのよい場所で管理し、寒さには弱いので冬は室内で管理するようにしましょう。 水切れを起こすと花期が短くなってしまいます。
秋冬見頃の花

寒さや乾燥に強い、長く咲き続けてくれる冬の花、初恋草の育て方

寒さや乾燥に比較的強く、花色が豊富でくっきりとした原色系の花が咲き、花期も長い花木の仲間になります。 本来砂漠地域で自生している植物なので、乾燥には強いのですが、夏の暑さと湿気に弱いため、日本では夏越しが難しく1年草の扱いとなっています。 寒さには強いのですが、霜が降りる地域では室内へ移動させた方が安心です。
秋冬見頃の花

冬から春にかけて鮮やかな花を次々と咲かせる、サイネリアの育て方

ガーベラに似た小輪から中輪の花をドーム状に密集させ、濃い黄色とオレンジ以外なら揃うほど、花色が豊富で鮮やかなので窓辺などを飾るのにもぴったりの花です。 カナリア諸島原産のキク科の多年草ですが、夏の暑さに弱い為日本では一年草の扱いとなっています。 日当たりがよく、風通しのよい場所で管理し、特に開花期には水切れを起こしやすいので注意するようにしましょう。
秋冬見頃の花

クリスマスローズの育て方について

クリスマスの頃、うつくしい花を咲かせてくれるクリスマスローズ。 とても人気が高く、多くの花色があります。 寒さには強いのですが、高温多湿が苦手なので、夏場には日陰で管理するようにします。 新芽には十分光をあてるように、古い葉はカットし株の成長を促すようにします。 寒い冬に美しい花を咲かせて楽しませてくれる、クリスマスローズを育てて楽しんでみませんか?
秋冬見頃の花

ガーデニングビギナーさんでも育てやすい、プリムラの育て方について

秋から春先にかけて、色とりどりの可愛らしい花を咲かせてくれるプリムラ。 冬場の寂しい時期に、彩りを加えてくれ、丈夫で育てやすい品種です。 病気予防のため、蒸れと加湿に注意し、枯れた葉や花がらはこまめに取るようにしましょう。
秋冬見頃の花

カルーナの育て方、切り戻しについて

ほかの植物をよく引き立ててくれることから、カルーナは寄せ植えの材料としてもとても人気がある植物です。 そのカルーナの育て方のポイントについて説明しています。
秋冬見頃の花

ガーデンシクラメンの育て方、花がら摘み、重要な葉組みについて

ガーデンシクラメンの育て方について ガーデンシクラメンの水やり、肥料、日当たり、葉組みのやり方など、ガーデンシクラメンを育てる上で知っておくとよい情報を紹介しています。
スポンサーリンク