花がら摘み

スポンサーリンク
四季咲き性の花

秋の七草としても親しまれている、可憐な花を咲かせる丈夫で育てやすいナデシコ(ダイアンサス)の育て方

可憐で小さな花が愛らしいことから、ナデシコとも呼ばれるビギナーさんにもおすすめ、育てやすいナデシコ(ダイアンサス) 世界中に分布し、古くから品種改良が続けられ人々に愛されてきたナデシコ(ダイアンサス)。 その数は300種を超えるとい...
春夏見頃の花

和名でマツムシソウとも呼ばれる、多くは春と秋に特徴的な花を咲かせるスカビオサの育て方

スカビオサには約80種ほどある多年草、または1・2年草になります。 日本ではマツムシソウが自生しています。 スカビオサは、暑さと蒸れに弱い性質があり宿根草タイプのものを夏越しさせる場合には、過湿や蒸れを避け、半日陰の涼しい場所で管理するようにするとよいでしょう。 梅雨前には、株を切り戻してやると夏越しの確率が上がります。
春夏見頃の花

暑さに強く育てやすい、ビギナーさんにもおすすめマリーゴールドの育て方

とても丈夫で日当たりのよい場所であればよく育ち、開花期間も長いためギビナーさんにも育てやすい植物です。 マリーゴールドには大きく分けて、アフリカンマリーゴールドとフレンチマリーゴールドという二種類に分けることができます。 マリーゴールドはコンパニオンプランツとしても有名で、花はハーブティー、エディブルフラワーなどにも利用されています。
春夏見頃の花

夏の花壇を彩ってくれる、サルビアの育て方

単に「サルビア」というと鑑賞用園芸種全体または「サルビア・スプレンデス(一般的な真っ赤な花のサルビア)」を指し、単に「セージ」というとハーブの「コモンセージ」や「ガーデンセージ」を指すというように使い分けられているようです。 比較的病害虫に強く、手間がかからず花が散ってもガクや苞の色が残り、長く観賞できるため花壇を彩る花として人気があります。
春夏見頃の花

他の花が育ちにくい梅雨時に鮮やかな花を咲かせる、アジサイの育て方

丈夫で育てやすく、乾燥しないように気を付けさえすれば鉢植えでも庭植えでも容易に栽培することができます。 花色は土壌の酸性度に左右され、青色の花は酸性土壌でよく発色するので過リン酸石灰や硫酸を施し、赤色の花は、消石灰や苦土石灰を施し中性から弱アルカリ性にするとよく発色します。 秋までに枝を充実させる必要があるため花が咲き終わったら早めに剪定を行うようにしましょう。
春夏見頃の花

欧米の結婚式の「サムシングブルー」としてブーケなどにも利用される、デルフィニウムの育て方

原産はヨーロッパなどの北半球の山地に育つ多年草ですが、日本の高温多湿を苦手とするため夏越しするのは難しく、1年草として扱われています。 つぼみの形がイルカ(ドルフィン)に似ていることから「デルフィニウム」、日本では花の形がツバメに似ているとして「大飛燕草(オオヒエンソウ)」と呼ばれています。
秋冬見頃の花

夏越しさせず、1年草として育てるならビギナーさんでも大丈夫、シクラメンの育て方

シクラメンとガーデンシクラメン、よく似た名前なので同じ植物かと思う方もいるかもしれませんが、この2つ、ちょっと育て方も違うんです。 シクラメンの生育適温は、10~15℃と他の鉢花に比べて低い為、冬場は室内でも暖房の効いていない、1日の気温差のあまりない涼しい場所で管理してやるようにしましょう。
秋冬見頃の花

秋から春まで長く咲き続ける、ヨーロッパでツツジから品種改良されたアザレアの育て方

アザレアは、イギリスで銀行家として有名なロスチャイルド家の「ライオネル・ロスチャイルド」が、200人以上の人と30もの温室を使って品種群を作出したことでも有名です。 ツツジの仲間であるアザレアは、酸性の土を好み、日当たりがよく、風通しのよい場所で管理し、寒さには弱いので冬は室内で管理するようにしましょう。 水切れを起こすと花期が短くなってしまいます。
春夏見頃の花

小さな胡蝶蘭のような花を咲かせる、ビギナーさんにも育てやすいハーデンベルギアの育て方

春に花径1cm程の濃い紫色の花を枝いっぱいに咲かせます。 立ち上がるようにつるが伸びて、藤のように頭を垂れ下げ、花は短命ですが次々と開花させます。 花色は、他にも赤紫、紫、ピンク、白などがあります。 つる性の植物の為、生垣やアーチなどにもよく用いられますが、鉢植えで育てる方が手軽で管理しやすいのでビギナーさんは鉢植えで楽しむのがおすすめです。
春夏見頃の花

とても丈夫で育てやすい、ビギナーさんにもおすすめ、バーベナの育て方

バーベナは、春から秋にかけて長い期間花を咲かせてくれます。 毎年花を咲かせた後に枯れてしまう1年草と、毎年花を咲かせてくれる宿根草の品種があります。 バーベナは多くの種類があり、花色や性質などバリエーションに富んでいます。 花壇や鉢に植えたり、グランドカバーなど色々に楽しむことができます。 乾燥には強いのですが、多湿を嫌いますので水やりのし過ぎには注意が必要です。
スポンサーリンク