種まき

スポンサーリンク
秋冬見頃の花

パンジー・ビオラの種まきについて

パンジー・ビオラの種まきについて パンジーやビオラは、苗で購入しても安価なため苗を購入して育てるのが簡単ですが、種まきから育てる楽しみもあります。 購入した種の場合は花色の予想が立つのですが、自家採種した種を蒔いた場合などは親と同じ...
春夏見頃の花

とても丈夫で育てやすい、ビギナーさんにもおすすめ、バーベナの育て方

バーベナは、春から秋にかけて長い期間花を咲かせてくれます。 毎年花を咲かせた後に枯れてしまう1年草と、毎年花を咲かせてくれる宿根草の品種があります。 バーベナは多くの種類があり、花色や性質などバリエーションに富んでいます。 花壇や鉢に植えたり、グランドカバーなど色々に楽しむことができます。 乾燥には強いのですが、多湿を嫌いますので水やりのし過ぎには注意が必要です。
春夏見頃の花

花姿が独特で、静御前も詠んだ花、オダマキの育て方

花の形が独特で、糸を巻き付けて玉にした苧環(おだまき)に似ていることからこの和名がつけられました。 一般に流通しているものは、セイヨウオダマキの改良品種で多彩な色や花姿を誇ります。 オダマキは日当たりを好みますが、夏の強い日差しは苦手ですので遮光するなどしてやりましょう。 本来冷涼な環境で育つ植物ですので、風通しのよい涼しい場所で管理するようにします。
春夏見頃の花

桜のような花の形の、古くから日本に自生するサクラソウの育て方

サクラソウは、乾燥を苦手としますので、水切れを起こさないように注意します。 特に、花が咲くまでの期間はずっと水を欲しがりますので、水やりをかかさないようにします。 夏の休眠期には、乾きも鈍くなってきますので水やりの回数は控えるようにします。
春夏見頃の花

金魚のような花姿で、ビギナーさんでも育てやすいキンギョソウの育て方

キンギョソウは、金魚に似た花を穂状に咲かせ、ふくらんだ花がパクパクと口を開けた金魚が泳いでいるかのように見えます。 花の大きさは3cm程、花の色は白や赤、ピンクなどがあり、開花時期は4~7月頃となります。 花壇に植えて栽培したり、切り花、鉢植え向きなど色々な種類が流通しています。 高温多湿を嫌いますので、風通しのよい場所で管理するようにしましょう。
春夏見頃の花

澄んだブルーの花が美しい、寄せ植えなどにもおすすめの春の花ネモフィラの育て方

春の花壇やコンテナ、ハンギングに人気の花、ネモフィラ ネモフィラは、瑠璃唐草とも呼ばれ、とても丈夫で育てやすい春の花です。 その姿から、英語ではbaby blue eyes(赤ちゃんの青い瞳)とも呼ばれています。 花名のネモフ...
ガーデニング豆知識

種まきの発芽率をあげるには、休眠してしまった種の休眠打破

種は、主に水分、温度、酸素の3つの条件が整っていれば発芽します。 その他に特別な条件として、光、低温などが必要なものもあります。 それぞれの植物には発芽適温があり、地温がその植物の発芽適温になる時期に合わせて種まきを行うようにします。 また休眠してしまった種には、ジベレリン処理を行うと発芽するようになります。
スポンサーリンク