病害虫

スポンサーリンク
春夏見頃の花

トロピカルカラーが印象的な南国の花、贈り物にも人気のブーゲンビリアの育て方

ピンクや黄色など、派手な花色とは裏腹に、開花しても香りはほとんどありません。 開花は5~10月と長く、鉢植えや庭植えとしてシンボルツリーなどでも育てられており、人気の植物です。 ブーゲンビリアを育てる際には、水やりは重要なポイントになります。 元々乾燥した地域で育つ植物ですので、乾燥と水やり後の湿り気とのギャップが激しいほど花を咲かせやすくなります。
ハーブの育て方

近年、エディブルフラワーとしても人気のあるナスタチウム(キンレンカ)の育て方

ハンギングや花壇、鉢植えなどで楽しむことができます。 またナスタチウムの葉や花、果実、種子などの特有の辛みは、肉料理の付け合わせやサラダの飾りつけ、風味付けにも利用されています。 また、コナジラミやアブラムシがつくのを防ぐ効果のある、コンパニオンプランツとしてもよく知られており、トマトなどと一緒に植え付けらることも多いようです。
四季咲き性の花

秋の七草としても親しまれている、可憐な花を咲かせる丈夫で育てやすいナデシコ(ダイアンサス)の育て方

可憐で小さな花が愛らしいことから、ナデシコとも呼ばれるビギナーさんにもおすすめ、育てやすいナデシコ(ダイアンサス) 世界中に分布し、古くから品種改良が続けられ人々に愛されてきたナデシコ(ダイアンサス)。 その数は300種を超えるとい...
観葉植物、多肉植物、花木

精油として利用されることもある、丈夫で育てやすいユーカリ

ユーカリはアルカリ土壌でも育つ強靭な性質を持っています。 ただし、乾燥気味を好み過湿を苦手としますので、市販の培養土では水もちが良すぎてしまいます。 ハーブ用の土か観葉植物用の粒状培養土などを利用するとよいでしょう。 ユーカリは移植を嫌いますので、一旦植えてしまうと植え替えることはできません。 植え付けはよく検討してから行うようにしましょう。
春夏見頃の花

和名でマツムシソウとも呼ばれる、多くは春と秋に特徴的な花を咲かせるスカビオサの育て方

スカビオサには約80種ほどある多年草、または1・2年草になります。 日本ではマツムシソウが自生しています。 スカビオサは、暑さと蒸れに弱い性質があり宿根草タイプのものを夏越しさせる場合には、過湿や蒸れを避け、半日陰の涼しい場所で管理するようにするとよいでしょう。 梅雨前には、株を切り戻してやると夏越しの確率が上がります。
春夏見頃の花

暑さに強く育てやすい、ビギナーさんにもおすすめマリーゴールドの育て方

とても丈夫で日当たりのよい場所であればよく育ち、開花期間も長いためギビナーさんにも育てやすい植物です。 マリーゴールドには大きく分けて、アフリカンマリーゴールドとフレンチマリーゴールドという二種類に分けることができます。 マリーゴールドはコンパニオンプランツとしても有名で、花はハーブティー、エディブルフラワーなどにも利用されています。
春夏見頃の花

夏の花壇を彩ってくれる、サルビアの育て方

単に「サルビア」というと鑑賞用園芸種全体または「サルビア・スプレンデス(一般的な真っ赤な花のサルビア)」を指し、単に「セージ」というとハーブの「コモンセージ」や「ガーデンセージ」を指すというように使い分けられているようです。 比較的病害虫に強く、手間がかからず花が散ってもガクや苞の色が残り、長く観賞できるため花壇を彩る花として人気があります。
観葉植物、多肉植物、花木

とても育てやすく、グランドカバーとして人気のタマリュウの育て方

深い緑色が美しく、とても育てやすいことから、グランドカバーとして利用されることの多い植物です。 繁茂しやすく、あっという間に辺り一面をぎっしりと埋め尽くし、土を見えなくすることから雑草対策としてもよく利用されています。 日当たり、水はけのよい場所を好みますが耐陰性もありますので場所は選びません。
春夏見頃の花

どんな花とも相性がよい、カスミソウの育て方

元々の花色は白やピンクですが、赤や青、紫など着色されたものも出回っており、ブーケや花束で主役を引き立てる脇役としてよく使われています。 高温多湿に弱く、寒さには強い特徴があり、切り花だけでなく花壇や鉢植え向きの品種も流通しています。 切り花やハンギング、寄せ植えなど品種により色々楽しむことができます。
春夏見頃の花

他の花が育ちにくい梅雨時に鮮やかな花を咲かせる、アジサイの育て方

丈夫で育てやすく、乾燥しないように気を付けさえすれば鉢植えでも庭植えでも容易に栽培することができます。 花色は土壌の酸性度に左右され、青色の花は酸性土壌でよく発色するので過リン酸石灰や硫酸を施し、赤色の花は、消石灰や苦土石灰を施し中性から弱アルカリ性にするとよく発色します。 秋までに枝を充実させる必要があるため花が咲き終わったら早めに剪定を行うようにしましょう。
スポンサーリンク