剪定

スポンサーリンク
春夏見頃の花

トロピカルなイメージを代表する花、花期が実は長いハイビスカスの育て方

熱帯花木の中でも人気の高いハイビスカスは、夏の花と思われがちですが実は、5~10月の春から秋までの長い期間花を楽しむことができます。 熱帯性の植物のイメージから、暑さに強いように思われるかもしれませんが、特に大輪系の品種を中心に猛暑には弱いものが多くあります。 特に気温が35℃以上が続くような暑さは苦手で、真夏には花数が減ったり、花が小さくなったりします。
四季咲き性の花

秋の七草としても親しまれている、可憐な花を咲かせる丈夫で育てやすいナデシコ(ダイアンサス)の育て方

可憐で小さな花が愛らしいことから、ナデシコとも呼ばれるビギナーさんにもおすすめ、育てやすいナデシコ(ダイアンサス) 世界中に分布し、古くから品種改良が続けられ人々に愛されてきたナデシコ(ダイアンサス)。 その数は300種を超えるとい...
観葉植物、多肉植物、花木

精油として利用されることもある、丈夫で育てやすいユーカリ

ユーカリはアルカリ土壌でも育つ強靭な性質を持っています。 ただし、乾燥気味を好み過湿を苦手としますので、市販の培養土では水もちが良すぎてしまいます。 ハーブ用の土か観葉植物用の粒状培養土などを利用するとよいでしょう。 ユーカリは移植を嫌いますので、一旦植えてしまうと植え替えることはできません。 植え付けはよく検討してから行うようにしましょう。
観葉植物、多肉植物、花木

とても育てやすく、グランドカバーとして人気のタマリュウの育て方

深い緑色が美しく、とても育てやすいことから、グランドカバーとして利用されることの多い植物です。 繁茂しやすく、あっという間に辺り一面をぎっしりと埋め尽くし、土を見えなくすることから雑草対策としてもよく利用されています。 日当たり、水はけのよい場所を好みますが耐陰性もありますので場所は選びません。
春夏見頃の花

他の花が育ちにくい梅雨時に鮮やかな花を咲かせる、アジサイの育て方

丈夫で育てやすく、乾燥しないように気を付けさえすれば鉢植えでも庭植えでも容易に栽培することができます。 花色は土壌の酸性度に左右され、青色の花は酸性土壌でよく発色するので過リン酸石灰や硫酸を施し、赤色の花は、消石灰や苦土石灰を施し中性から弱アルカリ性にするとよく発色します。 秋までに枝を充実させる必要があるため花が咲き終わったら早めに剪定を行うようにしましょう。
観葉植物、多肉植物、花木

室内で育てるのに最適、ビギナーさんにも育てやすいテーブルヤシの育て方

自生地では、やや暗めな密林に育つため耐陰性があり、逆に直射日光に当たると葉焼けしてしまいます。 ヤシといえば大きくなると思われると思いますが、テーブルヤシはその名の示す通り2mを超えることのないテーブルの上に置けるコンパクトなサイズの植物になります。 そのような特徴から、室内で栽培を楽しまれることが多く、ハイドロカルチャー栽培などでも楽しむことができます。
観葉植物、多肉植物、花木

もふもふとした苔のような見た目のアイリッシュモス(サギナ、モフリッチ)の育て方

モフモフなルックスで「アイリッシュモス」「スコッチモス」とも呼ばれるサギナですが、実は苔(モス)ではなく、ナデシコ科サギナ属の常緑性多年草になります。 高温多湿が苦手で、特に夏の直射日光を嫌います。 草丈は10cm程と低く、やわらかい葉は、ライトグリーンと濃い緑色の2種類があり、5~8月になると可愛らしい小さな花を密に咲かせます。
秋冬見頃の花

秋から春まで長く咲き続ける、ヨーロッパでツツジから品種改良されたアザレアの育て方

アザレアは、イギリスで銀行家として有名なロスチャイルド家の「ライオネル・ロスチャイルド」が、200人以上の人と30もの温室を使って品種群を作出したことでも有名です。 ツツジの仲間であるアザレアは、酸性の土を好み、日当たりがよく、風通しのよい場所で管理し、寒さには弱いので冬は室内で管理するようにしましょう。 水切れを起こすと花期が短くなってしまいます。
春夏見頃の花

小さな胡蝶蘭のような花を咲かせる、ビギナーさんにも育てやすいハーデンベルギアの育て方

春に花径1cm程の濃い紫色の花を枝いっぱいに咲かせます。 立ち上がるようにつるが伸びて、藤のように頭を垂れ下げ、花は短命ですが次々と開花させます。 花色は、他にも赤紫、紫、ピンク、白などがあります。 つる性の植物の為、生垣やアーチなどにもよく用いられますが、鉢植えで育てる方が手軽で管理しやすいのでビギナーさんは鉢植えで楽しむのがおすすめです。
春夏見頃の花

とても良い香りを放つ花、強健な性質を持ちビギナーさんにもおすすめ、ハゴロモジャスミンの育て方

香りが、金木犀に薔薇の香りを足したようなと表現されるハゴロモジャスミン。 花が満開の頃には、遠くまでその芳香が漂い、花付きもよく強健な性質から人気の高い植物です。 つる性植物の為、地植えで垣根やフェンスに這わせたり、行燈仕立ての鉢植えとしても楽しまれています。 常緑で強健な性質を持っており、暖地では地植えでも越冬が可能となります。
スポンサーリンク