スポンサーリンク
観葉植物、多肉植物、花木

室内で育てるのに最適、ビギナーさんにも育てやすいテーブルヤシの育て方

自生地では、やや暗めな密林に育つため耐陰性があり、逆に直射日光に当たると葉焼けしてしまいます。 ヤシといえば大きくなると思われると思いますが、テーブルヤシはその名の示す通り2mを超えることのないテーブルの上に置けるコンパクトなサイズの植物になります。 そのような特徴から、室内で栽培を楽しまれることが多く、ハイドロカルチャー栽培などでも楽しむことができます。
観葉植物、多肉植物、花木

多湿に注意すれば、丈夫で育てやすいビギナーさんにもおすすめ、金のなる木の育て方

日本では、栽培業者が五円硬貨の穴を頂芽に通して固定し、若芽が硬貨の穴に通ったまま成長させ、硬貨が生ったように見せて縁起物的な販売方法をとったことから、「金のなる木」「成金草」の園芸名で流通しています。 葉も茎も厚みがある多肉質で、水分をたっぷりと蓄えることができるので乾燥にはとても強い反面、多湿には弱く根腐れしやすいので注意が必要です。
観葉植物、多肉植物、花木

ちょっと水やりに注意が必要な、トロピカルな雰囲気を楽しめるネオレゲリアの育て方

ロゼット状に広がる葉の基部は、水を溜められる筒状になっており、葉は硬く縁には小さなトゲがあり、岩や木、地面などから生える着生植物の仲間になります。 他の植物と違い水やりの際には、この水が溜められる葉の基部に与えるようにし、常に水が溜まった状態にするという注意点があります。
観葉植物、多肉植物、花木

日陰や室内でも育てられ和の雰囲気で人気の観葉植物、観音竹の育て方

福を呼ぶ縁起のよい観葉植物として、お祝い事などの贈り物にされることもあります。 江戸時代から鑑賞用に栽培され、飾り鉢や盆栽などに仕立てられ和の雰囲気が感じられる姿が人気の植物です。 過湿に弱いのですが乾燥にも弱い為、水切れを起こすと葉先が枯れてしまいます。 葉水を行うなどして、乾燥を予防するようにしましょう。
秋冬見頃の花

夏越しさせず、1年草として育てるならビギナーさんでも大丈夫、シクラメンの育て方

シクラメンとガーデンシクラメン、よく似た名前なので同じ植物かと思う方もいるかもしれませんが、この2つ、ちょっと育て方も違うんです。 シクラメンの生育適温は、10~15℃と他の鉢花に比べて低い為、冬場は室内でも暖房の効いていない、1日の気温差のあまりない涼しい場所で管理してやるようにしましょう。
観葉植物、多肉植物、花木

もふもふとした苔のような見た目のアイリッシュモス(サギナ、モフリッチ)の育て方

モフモフなルックスで「アイリッシュモス」「スコッチモス」とも呼ばれるサギナですが、実は苔(モス)ではなく、ナデシコ科サギナ属の常緑性多年草になります。 高温多湿が苦手で、特に夏の直射日光を嫌います。 草丈は10cm程と低く、やわらかい葉は、ライトグリーンと濃い緑色の2種類があり、5~8月になると可愛らしい小さな花を密に咲かせます。
観葉植物、多肉植物、花木

ハートの形の葉が可愛い、ビギナーさんにもおすすめ、ハートカズラの育て方

ハートカヅラは、南アフリカ原産のセロペギア属ガガイモ(キョウチクトウ)科のつる性常緑多年草の多肉植物になります。 ハート型の葉が可愛らしく、個性的なハートカヅラ。 育て方も難しくなく、窓辺で飾ったり、つるを活かして飾ってみたりと色々と楽しむことができます。 他の植物との寄せ植えにも合わせやすく、ガーデニングビギナーさんにもおすすめです。
秋冬見頃の花

秋から春まで長く咲き続ける、ヨーロッパでツツジから品種改良されたアザレアの育て方

アザレアは、イギリスで銀行家として有名なロスチャイルド家の「ライオネル・ロスチャイルド」が、200人以上の人と30もの温室を使って品種群を作出したことでも有名です。 ツツジの仲間であるアザレアは、酸性の土を好み、日当たりがよく、風通しのよい場所で管理し、寒さには弱いので冬は室内で管理するようにしましょう。 水切れを起こすと花期が短くなってしまいます。
春夏見頃の花

小さな胡蝶蘭のような花を咲かせる、ビギナーさんにも育てやすいハーデンベルギアの育て方

春に花径1cm程の濃い紫色の花を枝いっぱいに咲かせます。 立ち上がるようにつるが伸びて、藤のように頭を垂れ下げ、花は短命ですが次々と開花させます。 花色は、他にも赤紫、紫、ピンク、白などがあります。 つる性の植物の為、生垣やアーチなどにもよく用いられますが、鉢植えで育てる方が手軽で管理しやすいのでビギナーさんは鉢植えで楽しむのがおすすめです。
春夏見頃の花

とても良い香りを放つ花、強健な性質を持ちビギナーさんにもおすすめ、ハゴロモジャスミンの育て方

香りが、金木犀に薔薇の香りを足したようなと表現されるハゴロモジャスミン。 花が満開の頃には、遠くまでその芳香が漂い、花付きもよく強健な性質から人気の高い植物です。 つる性植物の為、地植えで垣根やフェンスに這わせたり、行燈仕立ての鉢植えとしても楽しまれています。 常緑で強健な性質を持っており、暖地では地植えでも越冬が可能となります。
スポンサーリンク