スポンサーリンク
春夏見頃の花

真夏でもツルを伸ばしよく開花してくれる、マンデビラ(ディプラデニア)の育て方

真夏の暑い時期にどんどんつるを伸ばし、先端の茎にいくつもの花を咲かせます。 つる性の植物のため、ネットに絡ませて緑のカーテンとしたり、あんどん仕立ての鉢植えとして楽しまれています。 またつるがそれほど伸びない品種などは、支柱なしの鉢物や花壇などにも利用することが出来ます。
春夏見頃の花

葉を揉むと甘い香りのするハーブ、チェリーセイジの育て方

チェリーセージは一度に咲く花の数が少なく控えめな印象を与えますが、ぽろぽろと長く咲き続けます。 花色は、赤、ピンク、赤白の複色、オレンジ、白などがあります。 セージ同様強い殺菌作用や消化促進、解熱作用があることからハーブとして利用される他、ナチュラルガーデンやイングリッシュガーデンなどにもよく植えられている人気のハーブです。
野菜の育て方

室内管理がおすすめ、珠のような果実が可愛いコケサンゴの育て方

コケサンゴは、寒さや暑さにも強くない植物であり、土も常に湿り気を保つなど少し育てるのに気を遣う植物になります。 直射日光に当てると葉焼けを起こしやすくなりますので、半日陰で管理するようにしてやり、暑さ寒さにも強くありませんので注意が必要です。 水切れを起こしやすいので乾燥には注意し、葉水を行ってやるようにします。
春夏見頃の花

厳しい環境にも負けない、ビギナーさんにもおすすめ、春にびっしりと花を咲かせてくれるシバザクラの育て方

寒冷地や乾燥した土地でも力強く花を咲かせてどんどん増える、厳しい環境でも負けない力強い性質を持っています。 面倒な管理もなく、病気や害虫にも強い、ビギナーさんでも育てやすいおすすめの植物です。 ひとつひとつはとても花が小さいのですが、絨毯を敷きつけたように花が5月初旬から5月中旬頃に群生することから人気の植物です。
春夏見頃の花

ガーデニングビギナーさんにもおすすめ、夏の花6種ご紹介

暑さも厳しくなる夏の時期でも楽しめる、ビギナーさんにも育てやすいおすすめの花をご紹介しています。 ペチュニア、カリブラコア、イソトマ、エキザカム、サルビアの6種は、夏の暑さにも負けずとても丈夫で育てやすい花ですのでおすすめです。
春夏見頃の花

暑さに強く育てやすい、星形の花が可愛らしいイソトマの育て方

本来は多年草ですが、寒さに弱くまた2年目以降は花付きも悪くなるため1年草として扱われています。 花期は5~10月になり、葉の付け根から花柄を伸ばし、花径3~4cm程度の星形の可憐な花を咲かせます。 高温多湿に弱く、真夏は強い西日の当たらない半日陰で管理してやるようにするとよいでしょう。 乾燥気味に管理すればビギナーさんにも育てやすいおすすめの夏の花です。
春夏見頃の花

ビギナーさんにも育てやすくおすすめ、花色も豊富なペチュニアの育て方

ペチュニアは、ナス科の多年草で花期は3~11月、夏の寄せ植え素材としてとても人気のある植物です。 夏の暑さには強く、真夏の日差しでも枯れることはありません。 ただし35℃を超えると生育が止まり、花も咲かなくなりますので、涼しい場所で管理するようにしてもよいでしょう。 また本来は多年草なのですが寒さに弱いため、日本では1年草扱いになっています。
春夏見頃の花

トロピカルカラーが印象的な南国の花、贈り物にも人気のブーゲンビリアの育て方

ピンクや黄色など、派手な花色とは裏腹に、開花しても香りはほとんどありません。 開花は5~10月と長く、鉢植えや庭植えとしてシンボルツリーなどでも育てられており、人気の植物です。 ブーゲンビリアを育てる際には、水やりは重要なポイントになります。 元々乾燥した地域で育つ植物ですので、乾燥と水やり後の湿り気とのギャップが激しいほど花を咲かせやすくなります。
ハーブの育て方

近年、エディブルフラワーとしても人気のあるナスタチウム(キンレンカ)の育て方

ハンギングや花壇、鉢植えなどで楽しむことができます。 またナスタチウムの葉や花、果実、種子などの特有の辛みは、肉料理の付け合わせやサラダの飾りつけ、風味付けにも利用されています。 また、コナジラミやアブラムシがつくのを防ぐ効果のある、コンパニオンプランツとしてもよく知られており、トマトなどと一緒に植え付けらることも多いようです。
四季咲き性の花

秋の七草としても親しまれている、可憐な花を咲かせる丈夫で育てやすいナデシコ(ダイアンサス)の育て方

可憐で小さな花が愛らしいことから、ナデシコとも呼ばれるビギナーさんにもおすすめ、育てやすいナデシコ(ダイアンサス) 世界中に分布し、古くから品種改良が続けられ人々に愛されてきたナデシコ(ダイアンサス)。 その数は300種を超えるとい...
スポンサーリンク